<< 今年も神社検定を受けてきました | main | あけましておめでとうございます >>
月刊エンタメ『私立恵比寿中学 サブカルの奥のほそ道』

掲載誌…と言ってもイラストレーションの仕事ではない

ちょっと変わった感じのお知らせなのですが。

 

 

『月刊 エンタメ』2019年12月号(徳間書店刊)

アイドルグループ私立恵比寿中学さんの連載、

私立恵比寿中学 サブカルの奥のほそ道』に

「神社巡りと御朱印集めの巻」ということで

僭越ながら私、登場させていただいております。

 

エビ中メンバーの小林歌穂さんと

拙著『御朱印はじめました』にも出てきた鳩森八幡神社さんを

お散歩しているときの模様が掲載されてます。

 

 

この歳(30代半ば)で

アイドル誌に現役アイドルと一緒に誌面に載るという…!

人生って何が起こるかわからないNE☆

 

 

 

長い余談を。(笑)

 

 

 

実は御朱印ブームの悲しいニュースを見ることが増えてきて

私は御朱印のことを語るのを避けてました。

この先、御朱印のことはもう語るまいと思ってたんです。

これまでも何度かそういうお話はいただいてたんですが

お断りをしてました。ごめんなさい…。

 

でも、考えてみれば、取り巻く状況が問題なだけで

御朱印自体は何も悪くないわけで。

 

そもそも『御朱印はじめました』も

今回のインタビューでも語らせていただいたんですけど、

「御朱印の「先」」を描いた本だったんです。

それを世の中に伝えきれなかったのはセールス的な問題…(ゴホンゴホン)

私の力不足からくる問題なんですけども。

私の本当に伝えたかったことと真逆の方向、

御朱印ブームを変な方に掻き立ててしまったかなーと

罪の意識をも持ってました。

 

でも、私もコソコソ隠れてないで、

伝える機会を与えていただけるのならば、

私なりに語るべきことはきちんと語ろうかなと思って

出させていただいたのが今回の件でした。

 

私に対してもアンチはいるでしょうし、いろいろご意見もあるかと思います。

私は旅やお散歩の楽しさ、日本の良いところを伝えたいだけで、

偉そうなことを言うつもりは一切ないんです。

でも「参拝もしないで御朱印を集めて何がいい?」とは言いたい。

転売とか、論外。

 

今回の記事の内容はフランクでありつつもとても大まじめです。

小林さんも編集スタッフの皆さんもとてもすてきな方でした。

最初お話をいただいたときは、アイドル誌だし

「パワスポでラッキー開運☆御朱印ガール!」とかになるのかな〜と

思ってたのですが、そんなことはなく。

 

そして何度もお世話になっている鳩森八幡神社さん。

今回もありがとうございました!

 

今後も私なりにいろいろ模索していきます。

 

 

あぁ、久しぶりに「本音」を書いてしまった。

ブログ(ホーム)だからできることですね〜