石川県!金沢 弾丸ツアーのはなし(コミック版)

前から少し気になっていたのですが、

このブログの人気記事ランキングは

ここのところずっと金沢に行った時のことがトップ3なのです。

なんかどこかにリンクでも貼られてるんだろか?

 

 

元記事↓

石川県!金沢 弾丸ツアーのはなし(1)

石川県!金沢 弾丸ツアーのはなし(2)

石川県!金沢 弾丸ツアーのはなし(3)

 

 

 

というわけで、ホームページの方には載せてるんですが、

このブログを元に

ダイジェスト的に描いたコミックエッセイ(短編)を

ブログにもそのまんまアップしておこうかなと。

これは昨年のクリエイターEXPOで配布した

小冊子向けに書き下ろしたものです。

 

ちなみに転載厳禁でお願いします。

まとめサイトへの転載はもちろん厳禁…です。

 

気が変わったら削除するかもしれません。

 

 

 

❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ ❇︎ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな勢いだけで行った旅のまとめで

金沢の良さが伝わっていると思えないので、

皆さま、ぜひぜひ実際に行ってみて

金沢の良さを体感してみてくださ〜い!

 

 

 

 

 

北海道!函館に(一瞬)行ってきたはなし

※スピッツのライブの話がちょこっとだけ出てきますが

セットリストのネタバレは一切ないのでご安心ください。

(MCのネタバレは少々あり。)

 

 

「醒めない」、本当にいいアルバムだわ…。

 

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

 

栄養ドリンクの話ばっかりで悲しいので違うことを書きます。(苦笑)

人が仕事で苦しんでる話なんて、読んでも面白くないっつーの!

(ひとりつっこみ)

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

先日、北海道の函館まで行ってきました。

滞在時間27時間くらいだったけど。

 

 

北海道に行くのは20年ぶり。(もっと…かな?)

函館に行くのははじめて。

やっと、函館に住んでる友人に函館で会うことができました。

何年ぶりなのかお互いよくわかってなかったけど、

たぶん4〜5年ぶりだったのかな?

一瞬だけだったけど…あー!楽しかったー!

 

函館に、スピッツが好きな大学時代の友人がいるんですけど。

(本人は私ほど好きじゃないって言ってるけど、十分ファンだと思うよ、私は。笑)

大学時代もスピッツのライブに何回か一緒に行ったりしてたような仲でして。

私は「いつか函館に行くからね」って毎年毎年年賀状には書くんですけど、

ちっとも北に飛ばないのね。行く行く詐欺です。

 

で、そんな中、

11年ぶりにスピッツが函館でライブするーっていうことで、

で、次にいつスピッツが函館に行くかわかんないやーってことで、

ついに函館行きを決めたのでした。

そう。スピッツに後押しされたかたちです。

どんだけスピッツ好きなんだよ!(笑)

 

前日に父に会った時に「明日スピッツ見にいくために函館行く」って言ったら、

「おまえ、航空券●万円近く(直前にとったから高い)もかけて

コンサートとか、バカだな〜」って言われました。

(えぇ、わかってますよ。財布が泣いてますよ。)

 

手荷物受け取りのとこって空港ごとに個性出ますよね。

 

友人が函館空港に迎えにきてくれまして、

その後レンタカーでラッキーピエロに連れていってもらって

(この日のライブのMCに出てきた。メンバーも食べたらしい)、

 

 

その後、私の近況をいろいろと知った友人は

私を函館八幡宮へと連れていってくれました。

 


そして、その後も神社。

住三吉神社の狛犬がとても素敵だった!

 

 

あんまり函館観光ぽいことしてないですね。

なんで神社なんですかね。

まぁ、いろいろあるんですけど。

(その話はまた後日。)

 

で、その後、もういくつか神社めぐりをしたあとに、

スピッツのライブに行きました。

 

NHKホール公演でも撮り忘れ、

函館公演でもツアートラックの写真を撮り忘れた!

あぁ…。

 

 

でも前から8列目の良席で、めちゃくちゃ良かったです。

遥々北海道まで飛行機に乗っていった甲斐があったよ。

(ちなみにスピッツメンバーは今回、

北海道新幹線で北海道入りしたらしいですよ〜。)

今まで行ったホールツアーの中では1番良い席だったのかな。

直前まで絶対に函館まで行けなさそうな超修羅場な状態だったので、

このライブに行けたことは奇跡でした。

 

そのあと、友人の先輩が車を出してくださって(ありがとうございます!)、

夜景を見せていただきましたー!

 

 

長崎に行った時はひとりで夜景見たけど、

3人で夜景見れるっていいね…寂しくないね…。

 

その後北海道のおいしいものをたくさんごちそうになりまして。

 

活きイカ。

 

ジンギスカン。

※函館行きに関して「バカだな〜」と言った父に

このジンギスカンの話をしたら、

めっちゃくちゃ羨ましがられました。

(父は北海道出身です。)

 

ごちそうさまでした☆

 

その後、「今日スピッツ、どこ泊まってるんだろね!」とか

ものすごく余計なお世話なファンならではの妄想をしながら

友人のおうちに1泊させてもらったのでした。

 

翌日はちょっとブラブラして、

塩ラーメン食べただけでほぼ終わり。

すぐ帰ってきちゃいました。

 

 

直前まで行けるかどうかわかんない状態だったので、

直前に航空券とったからお財布が痛〜い!

うまいこと株主優待券持ってたから使ったけど、

それでも痛〜い!

 

函館空港にLCC、飛ばしてー!

LCC飛んだら、また行きます、函館。

だって、五稜郭タワーも登ってないし、

函館駅の駅スタンプも押してないんだもの!

 

そのときはまたお世話になります。

お願いします。。。。。。(>友人)

 

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

 

なんかとりとめのないモニャモニャな文章になってしまいました。

 

んー、そろそろお知らせすることがあるような、ないような…。

 

とりあえず、また、

少しずつ新規のお仕事募集できるような感じになってくるかと。

(今はまだちょっとダメな感じなんですが。)

 

11月中旬…いや、下旬かな。

そのあたりから少しず〜つ、

通常モード(毎日が日曜日モード・熱烈歓迎お仕事大募集モード)に

なっていくかと思いますので。

すぐには取りかかれないかもしれませんが、

ご相談は大歓迎でございます。

 

この数ヶ月間、

お断りしちゃった案件とかもあって申し訳ありませんでしたが、

今後とも何卒宜しくお願いします。m(__)m

 

 

 

 

 

石川県!金沢 弾丸ツアーのはなし(3)


金沢ばなし、もう少し続きます。。。

金沢21世紀美術館のあとは香林坊近くの長町武家屋敷跡界隈へ向かいました。

あとから気がついたんだけど、
私は徒歩5〜10分くらいの距離を、
金沢21世紀美術館前のバス停でバスが来るまで暑い中15分も待った上に、
大回りのルートのバスに乗るという、
非常に効率の悪すぎる移動をしてしまいました!


だいたいこんな感じ…酷っ!(苦笑)

おまけに道が混んでてバスには15〜20分くらい乗ってました。
バスに乗れば目的地に着くと思って地図を見なかったんですね。
いや、確かに着くんだけど……無知って本当に恐ろしい!
あとで知ったときは軽くショックでした。(苦笑)


こんな感じのバスもあります。

自分で調べない私が悪いのでございますよ。(苦笑)
弾丸ツアーだったから、
ガイドブックとか買ってなかったし。
上の図、地元の人が見たら、大笑いだよねぇ…。

で、香林坊のバス停で下車し、
お昼ご飯(できれば金沢&北陸ぽいもの)でも食べようかなーと
うろうろしてたのですが、
そもそももう2時半という時間も悪く、良い感じの店が見つからない。


109なんかもある繁華街なんですが。

そんな感じでお腹の空いたままウロウロしていたら、
長町武家屋敷跡界隈と呼ばれるあたりに入りこんでいたのでした。



ここは古き良き町並みが続きます。



昔、家族旅行で来たときに、
このあたりも歩いたような記憶があるようなないような…なんだけど、
記憶があやふやなため、初めてきたような感覚で感動しました。

そして武家屋敷跡野村家へ。



ここも「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券 」提示で
割引料金で入館できる施設です。
ロケなんかでも使われる事もあるらしい。

特にお庭が有名らしく…



ミシュランのガイドブックにも2つ星★★で掲載されているせいか、
外国人観光客もとても多かったです。
ずっとミシュランミシュラン言ってますが、
別にミシュランガイドを意識した旅ではございません。
金沢にそう場所が多いだけの話です。はい。



端っこにいる外国人のおっちゃんがずっとここにいたから
人のいない写真を撮る事ができなかった…ぞ。(^^;)
魚眼レンズでず−−−−−っと鯉だけ撮ってて
「フィッシュアイ!(←レンズのこと)フィッシュ!フィッシュ!(←鯉のこと)」って
興奮しながら撮った写真を見せてくれた。
庭より鯉に興味がおありのご様子。(笑)



2階に行くこともできます。心地いい。

その後、お昼を食べる事を諦め、再びバスに乗り
ひがし茶屋街へ移動。



ひがし茶屋街は金沢に残っている茶屋街の中でも
一番規模が大きいんだって。
日帰り観光なので、全ての茶屋街を見るのも時間的に少々キツそう…
ということでこちらを選んでみました。


ここも趣のある町並みがとても素敵な場所です。

お昼は諦めましたが、せめて冷たい物を飲みたい。
でも、カフェに入ろうと思ってもどこもかなり並んでる。
自販もないっぽいなぁ…。
困った…。茶屋難民。

結局、一番手軽に涼をとれそうなアイス(氷菓)を購入。
お店の中に入らなくても食べる事ができました。
買うのにはかなり並んだけど…。


ブルーベリー味。美味しい。
でも小さい…今の私には足りない…。
でもまた並ぶのは嫌。


そういうわけで、
金沢の「主要」なスポットはだいたい回ったと思うので、
私はJR金沢駅に戻る事にしました。

しかし、土曜の夕方。
金沢市内の道路はめちゃくちゃ渋滞してました。
とりあえず来たバスに乗り込みました。(←懲りてないですよね。)
フリーパスだと適当に乗っても追加料金がかからないのが嬉しい。

そして適当に乗ったバスの着いた先(乗り換え先)は
朝も来ました近江町市場。



時刻は午後5時。
再び覗いてみると、店じまいをしている店が多かったです。

お腹が空いたので近江町市場のバス停前にあった
全国どこにでもあるドーナツ屋さん(笑)の100円セールで買った
ドーナツとコンビニで買ったウーロン茶でごまかしつつバスを待ちました。
全然金沢っぽくないよなぁ。

金沢駅に着くと駅前で写真を撮ってる人がいました。



今朝は着いてすぐにバスに乗っちゃったからよく見てなかったけど、
金沢駅ってこんな外観だったんだねぇ。


帰りも体力が残っていれば夜行バスもアリかなーなんて思ってたけど、
夜行バスは行きほど安いプランもなく、暑さに体力を奪われ、
金沢市内各所で行われているというライトアップを見て帰ろうなんて考えてたけど、
すでにそんな気力もなかったので、



開通して間もない北陸新幹線で帰りました。
弾丸ツアー。
計画性まるでナシ。



夕飯はお寿司を新幹線の中で食べました。
(朝も海鮮だったけど。)

お寿司と言っても


半額……。

「駅弁」を買おうと思ってたんだけど、
JR金沢駅の駅ビルの中にあったスーパーが半額タイムだったので、
新幹線の中でスーパーの半額のお寿司にしちゃいました。(笑)
せっかくの金沢。華やかなお弁当にすりゃいいのに。(笑)
「地物づくし」という言葉(と半額のシール)に惹かれて
こういうセレクトとなりました。
(↑でもね、よく見ると今回行った石川県産じゃなくて富山県産。 富山も北陸だけどさー。)

でもね、スーパーの寿司なんだけど、さすが北陸です。
イカが柔らかーい!エビが甘ーい!
結果的に北陸っぽさを味わう事ができて満足でした。(笑)
こういうのもありです。
結局ね、私に女子力なんてものは無いのですよ!



前日の20時頃に家を出て、
最終的に神奈川県内の自宅に着いたのは23時くらいでした。
約27時間で行って帰ってきたことになります。

今回はバスが安かったので行きは夜行バスに乗りましたが、
北陸新幹線で気軽に日帰りで金沢に行くっていうのは
アリだなって思いました。

皆様も弾丸金沢旅、いかがですか?(笑)
北陸新幹線を使えば、関東からでも
サクっと行ってサクっと帰ってこれますよ。

ちなみに市内各所の夜のライトアップはそんな私みたいな考えの人が、
日帰りじゃなくて宿泊していってもらうためにやっているとか、
後日何かの記事で読みました。
あぁ、わかってるなーと思いました。(笑)
そんなわけで、また金沢に行く機会があれば、
市内各所のライトアップも見て、
金沢おでんをたらふく食べて、
朝の兼六園をお散歩したいものです。

『金沢弾丸ツアーのはなし』はこれでおしまい。




…だそうですよ?





 
石川県!金沢 弾丸ツアーのはなし(2)



朝食の後、向かった先はこちら。



兼六園

金沢観光の定番。
日本三名園のうちのひとつです。
(残りの二つは岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園。)
ミシュランガイドで星3つついてるそうです★★★

ルート的に効率の良い回り方かどうかはわかりませんが、
一番暑い時間に来るのが嫌だったので午前中にやってきました。

実はここ、高校生くらいのとき、家族旅行で1度来た事がありまして。
そのときの私の中での感想が「庭ね、庭。」って感じだったので、
入ろうかどうしようか結構悩んだのですが、それも随分昔の話だし、
とにかく「庭」って記憶しかないので入ってみる事にしました。
1000円とかだったら考えちゃうけど、310円で入れるし。

そして入園してみて思った事。
「なかなか美しい場所ではないかー!」



さすが星3つです。
人間、やっぱり歳を取ると感じ方って変わるもんですねぇ。
でも子どもは「大きいお庭だね」くらいにしか思わないかもね。(笑)



疲れたので兼六園の割と端っこの方の東屋で一休み。
時刻は11時半頃。
そろそろ夜行バス明けの身体には少々キツい気温になってきました。
北陸って暑いじゃないか………。「北」って字に騙された感じ!
人もあまり来ない場所だったので、30分くらい涼んでしまいました。
緑も多いし、いい風吹いてたんだー。



その後、ぶらぶらしてるとちょっと素敵な日本家屋を発見しました。



時雨亭という場所のよう。



素敵なので中に入ってみようと思いきや…



あ、そういう場所なのね。
お金払わないと入れないのね。
でも折角なので中に入ってお抹茶頂く事にしましたよ〜。
お茶を頂く場所(入って左側のお部屋)がいっぱいとのことで、
待合室(入って右側のお部屋)で10分ほど待つことに。


待合室からは窓越しにお庭を鑑賞することができます。
静かな場所で庭をぼ〜っと眺める。これまた素敵な時間。

しばらくすると別室(左側の部屋)に案内されて、
お抹茶とお菓子を頂きました。
茶道が全然わかんない私はビビりまくり!
お抹茶は美味しかった(と思う)けど、
変な緊張感でお菓子もあんまりゆっくりじっくり味わえなかった…。

しかも、このとき結構混んでて、
総入れ替え制みたいな感じになっていたので、
ゆっくりはできませんでした。ちょっと残念。
総入れ替え制って焦るんですよね〜。苦手。
でも次に入って来た人は待たずに部屋に通されてた感じだったから…
時間の問題なのかもしれませんが。うーむ。

そしてお茶のあとは部屋を後にし、素敵なお庭を鑑賞。。。



兼六園に来て「女子力」が上がった気がしましたね。
気がしただけ…ね。でも「気がする」のは自由!個人の自由ですよ!



その後は、金沢21世紀美術館へ。



こちらはミシュランガイドで星2つ★★
以前から来てみたかった場所でした。
そもそも今回の弾丸ツアーは、
どこに行こうかと考えたときに「21世紀美術館」というワードが
なぜか真っ先に浮かんだからだったのでした。
(それで夜行バスを試しにちょいと調べてみた→激安じゃないか!→よし!行こう!…と。笑)

ちなみに、金沢21世紀美術館は
兼六園を真弓坂口から出て信号渡ってすぐの場所にあります。


この写り込んじゃった車は内容と何も関係ありません。(笑)

金沢って本当に観光スポットがコンパクトにまとまってる!
ちなみにこの美術館は
「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券 」を提示すると、
割引料金で入館できる施設。忘れずに提示!

この美術館は建築の美しさも見所かと思うんですが、
上から見るとまんまるです。

google地図でみてみる

中は結構混んでたんですが、
この日は「金沢市民無料鑑賞の日」で、
金沢市在住の人が常設展に無料で入館できる日だったので
通常の土曜日より混んでたのかも。

常設展も企画展も入ったのだけど、
他の美術館に比べると撮影OKの作品が多くて、
どうやって自分なりに切り取ろうかな〜なんて考えながら
作品とふれあえて楽しかったですよー!
普段、アートにふれあう機会のない人でも、
あんまり難しく考えずに
気軽に見ることのできる美術館だと思いました。
魅力的な企画展があれば、また訪れたい美術館!

もう少し続く。




 
石川県!金沢 弾丸ツアーのはなし(1)
(プロローグ)とか書いておきながら
1ヶ月以上も放置してました。
そんなわけでようやく、金沢に行った話を書きます!


最初に書いておきますと、現地に宿泊しません。
なので本当に弾丸。日帰りツアー。
泊まっても良かったんだけど…本当は泊まりたかったんだけど…
本当に超直前に決めたから手軽な価格帯の宿泊施設がなかったのです。
北陸新幹線が開通した事もあり、
国内の中でもホットなスポットだから仕方ない。
金沢市内の主要スポットを散策して、
美味しいものを食べて、
最後に市内ライトアップなんかを見ればきっと満足さ!


そんなわけで前日の21時頃に横浜駅東口から乗り込んだ夜行バスは、
翌朝7時5分、ほぼ定刻通りに金沢駅西口に到着しました。



よく考えると10時間も夜行バス乗ってる。
私の中では夜行バスの乗車時間は約8時間が限界ということにしているので、
何気に自分ルールを超えているじゃないか…。

今回、こんな弾丸ツアーをしたきっかけになったのは、
夜行バスの値段も理由のひとつでした。

バスの席は前日の夕方にとったんだけど、
金曜の夜発(=普通は値段が跳ね上がる)にも関わらず、
キャンペーン価格の席が残っていて、横浜駅 - 金沢駅間が3,500円!
ちなみに新幹線に乗ると約1万4千円(東京 - 金沢)。
夜行バスってやっぱり安旅の味方だよね。
早朝から行動できるのも魅力だし。



で、バスを降りると、このビルに向かいました。


本当にバスを降りてすぐ!徒歩15秒くらい!笑


JR金沢駅西口側、APAホテル金沢駅前。
都市型サウナ『エキスパ』さん。


APAホテルさんの大浴場なんだけど宿泊していなくても利用出来るのです。
ほとんど何も調べてこなかったけど、朝、着いた直後のことだけは調べてた。
(夜行バス乗るときは絶対に着いた朝のことは調べてる。)

利用料金は3時間までの利用で1000円のところを、
ホームページから取得できるクーポンを提示して600円で入る事ができました。
本当は夜行バスを予約するときに申し込むと提携価格の500円だったんだけど、
バスの予約が直前過ぎて、スパは予約締め切り時間を過ぎてました。
スパ自体は予約しなくても入れるんだけど契約上色々あるんだろね〜。

中のお風呂はすごく趣のあるお風呂ではないけど、
汗を流して身支度を整えて、
少し荷物を整理したりしたいだけだから十分!!




バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルのタオル3枚セットと、
館内着と、歯ブラシまでついてきました!


弾丸ツアーで荷物は少なめ、お風呂用のタオルは持ってこなかったので、
追加料金無しでタオルが3枚もついていたのはありがたかった。
東京だとこのサービスでこの値段はなかなか無理でしょうね。
レストルームという名の仮眠室のような部屋もあったので、
ぐっすり眠れる事のない夜行バス(^^;)を利用する人の強い味方!

コーヒー牛乳をぐびぐびっと飲んでスパを後にし、
東口へ移動しました。


金沢駅は東口の方が栄えてる模様。

ほとんどの観光客は東口の方から色んなことがスタートする感じかと。
他の観光地と比べると初めて来た観光客でも比較的スムーズに
バスに乗る事ができるようになってる印象でした。



まだ新しい感じの案内板。

そして案内板のすぐ側にあった窓口で
こんなものを購入しました。


「城下まち金沢周遊1日フリー乗車券」(おとな:500円)

城下まち金沢周遊バスという、観光ルートを走るバスの他、
指定エリア内の北陸鉄道の路線バスにも乗る事ができる
便利な乗り放題チケット。
色んな施設の入館料などが割引になったりもするらしい。
何も決めてないけど、たぶんモト取れるっしょ。



というわけで早速、城下まち金沢周遊バスに乗って、
まずは近江町市場へ。
と言ってもひとつめの停留所で、近いんだけど。



なんか入り口がやたら立派でビルみないな感じで
市場っぽくないですが、行ってみましょー。



中に入ると、おぉ、市場だ。
北陸の海の幸や野菜が並んでます。




お店の人たちも元気!元気!

もともとここで「朝ご飯」を食べるつもりでしたが、
近江町市場は「市場」という名前の割に朝は遅いらしく、
飲食店は開いていないところも結構ありました。

その中でもこの時間でも開店していて、
ひとりでも入りやすそうなお店となるとさらにないもので。

そんな中見つけて入ったお店。


『いきいき亭 近江町店』さん

10席くらいしかない小さいお店。
私が行ったときは午前9時半くらいでしたが満席でした。
観光客っぽい人がたくさんいたからここなら入りやすそうだなーと。

朝ごはんは2,000円の海鮮丼。


朝から豪勢にいただきまーす!

どの魚が何という魚なのかイマイチわかんないんだけど(笑)、
とりあえずエビが甘い!柔らかい!
金箔が飾ってあるのも金沢っぽいなぁ〜。

たぶん、ネタが温まらないようにという配慮だと思うんだけど、
ご飯の上に直接ネタが乗っているのではなくて、
丼ぶりの上にお刺身の皿が乗っているという、不思議スタイルでした。
「お刺身をお醤油に付けながら食べて下さいね〜」と言われる。
それって微妙に「海鮮丼」って言わないような気が…。
美味しかったからいいけど。

ちなみに、このお店には平日だったら800円くらいで注文できる
気軽な感じの価格帯のメニューもあるらしい。
やっぱり平日の旅っていいよな〜なんて思う土曜の朝。

続く。




 
石川県!弾丸ツアーのはなし(プロローグ)
クリエイターEXPO終わったら「どこか遠くに行きたい」と
何ヶ月も前からずっと思っていたのですが、
「いつ」「どこ」に行くのか何も考えてなかったまま、
気がついたらなんかまた色々とやらないといけないことになってきてて。
それはとてもありがたいことなんですが、
でも私はどこかに行かないとストレスがたまって爆発してしまう人間なんです。
そしてそういう栄養が創作に繋がっていく人間なんです。(苦笑)
さらに最近は隣の家の犬の無駄吠えとおばさま&息子の大声での会話に
かなりノイローゼ気味なんです。
金曜日の夕方、近所のファミレスにいるときに思いました。

「少しの間でいいから日常から離れたい!トリップしたい!!!!!!」





そして翌朝


私は石川県金沢駅にいたのでした。(笑)

前日の朝、翌朝は北陸に立っているなんて、
考えもしなかったわけで。

次から本編!




 
九州取材記2014-5日目(3)【完結】 / 長崎県!恐怖の坂道…のはなし
長崎空港へ向かう時間までの間、
亀山社中の跡へ行き、龍馬のぶーつ像から長崎の町並みを眺め、
風頭公園に行って坂本龍馬像を見に行くことにしました。

しかしこのとき私は、
長崎の坂道の恐ろしさをまだ全く知らなかったのでありました……。



「龍馬通り」という階段というか坂道というか…をひたすら登っていきます。



「ちょっとこの坂道はヤバいんでないの?」ということにようやく気付く。
途中「あと●●メートル」なんて看板が何カ所かあるのだけど、
登っても登っても、それっぽい場所にはちっともたどり着かない。


階段の100メートルはね、長く感じるんだよね…。


左に書いてある事よりも、右に書いてあることの方が気になりますが…。

結局15分くらい登ったのかな…。
いや、実際はそんなにはかかってない。
でもそれくらいの感覚がした…。
こうして軽い登山の末にたどり着いたのが亀山社中記念館
(リンク先は音が出るので注意!)



「亀山社中」は坂本龍馬が中心となって結成した日本最初の商社とも呼べる組織。
で、ここはその亀山社中のあった跡。
詳しい事はリンク先を参照して下さい。(^^;)
史実を正確に書く自信がない!(苦笑)
中は昔のおうちって感じ。
(龍馬詳しくない人の味気ない感想でスイマセン。。。)

その後、龍馬のぶーつ像へ行くと誰もいなかったけど、
カメラを固定で置けそうな場所があったので、
ひとりでポーズととって撮影…したけど、
なんか虚しい写真なのでイラストでごまかしてみた。


ひとりでごはん食べるのはヘーキだけどこういうのはちと虚しい。


ここでの景色で、相当上まで登ってきたことを実感するのです。

その後、もうだいぶヘトヘトなんだけど…



でも高知でも坂本龍馬像見てるから、
折角だから長崎の坂本龍馬像も見たい!
仕方なくまたひたすら坂道&階段を登っていって風頭公園へ。


絶対にスニーカー推奨。

高知に続いて、坂本龍馬像、再び。



あとで、このあたり一帯はタクシーの方がいいって、
ガイドブックにちっちゃく書いてあるのを見つけました。
遅いよ…


ここでの景色でも、また、相当上まで登ってきたことを実感するのです。

その後、道に迷いながらお墓の中の道を下って下って下っていく…。
途中で出会ったニャンコがメチャクチャ人なつこくて
ちょっと癒される。




お墓参りの人が登っていきました。お墓参りも大変だぁ…。

その後は中華街に移動してお土産なんかを買いました。



横浜の中華街と比べるとだいぶ小さい。
神戸の中華街と比べてもちょっと小さい…かな?


宿で荷物を受け取り、空港行きのバスまで微妙に時間があったので、
長崎駅前にあった中華料理店「中華菜館かたおか」さんで軽めの夕食を取る事に。



皿うどんのハーフサイズを注文。


ハーフサイズを用意してくれてるとこが嬉しい!

値段もリーズナブルでなかなか美味しかった。
バスターミナルのすぐそばなので、空港までのバスの待ち時間にオススメです。

その後、バスターミナルから長崎空港行きのバスに乗り込み、長崎空港へ。
長崎空港に着くと、空港内のお店は続々と閉店していき、
長崎駅前で食べなかったら、夕飯難民になるところでした。

これで2014年の九州の話はおしまい。
こういう書き方すると2015年の九州の話があるんじゃないかって気もしますが、
今のところありません。(^^;)

おつきあい頂きましてありがとうございました!m(_ _)m


 
九州取材記2014-5日目(2) / 長崎県!トルコライスを食したはなし
一通りめぐるとすっかりお昼になっていました。
せっかくなので長崎らしいものを頂く事にしますか。

再び路面電車に乗って「思案橋」の電停で下車。
向かったのは喫茶「ツル茶ん」さん。
ここは普通の喫茶店という感じで、ひとりで入っても特に浮かなさそうな雰囲気。
1階はほぼ満席だったので2階に通されました。


おっと、誰もいない。貸し切り。

ここは長崎名物「トルコライス」で有名なお店。
なのでもちろんトルコライスを注文。
そして出て来たのがコレ。


長崎だけどトルコ。トルコって付いてるけど長崎名物。

ナポリタン+バターライス+カツ。
大人の為のおこさまランチって感じ???
旗が付いてないけど、もうそんな雰囲気。
諸説はありつつも、その名前の由来ははっきりはしないらしい。

毎日食べたらカロリーやばそうな感じですが、
そしてそもそも、私はこういうこってりな感じの見た目の食事が本当は苦手なんですが、
一応名物だから食べとこう…という気持ちで食べたら
これが意外に非常〜においしくて、ぺろりと完食してしまいました。
おぉ!いいじゃん、トルコライス!
宮崎のチキン南蛮も見た目だいぶこってりかなーと思いつつペロリといけちゃったし、
鹿児島のざぼんラーメンも意外にあっさりだったし、
九州のこってり(そうに見える)ごはんは結構イケるぞ!

さて、このあとの予定は特に決めてないので、
近場をうろうろしながら、長崎らしさを感じましょうか。

そしてこのあと、私は長崎らしさを思い知るハメになるのでした。
次回九州2014編、ついに完結!(やっと)





 
九州取材記2014-5日目(1) / 長崎県 原爆資料館のはなし
九州最終日。
帰りの飛行機は21時長崎空港発なので、時間はたっぷりあります。

朝食はゲストハウスで食パンとゆで卵が用意してありましたが、
食パンは頂かずインスタントコーヒー&ゆで卵を頂いて、
パンは昨日買ったパン屋さんのクロワッサンを温め直して頂きました。
サクサクで美味しい。


隣にいた外国人が「そのパンどこに用意してあるの?」って感じで見てた…。
自分で買ったんですよー。(笑)


チェックアウトしつつも宿に荷物を預け、
そういえば昨日は乗らなかった長崎の路面電車に乗り込みます。


路面電車は全区間1乗車120円均一。安い〜!

本日は鹿児島県の知覧特攻記念会館に続き、戦跡を歩きます。
丸1日はかからないと思いますが、そのあとのことはノープラン。

まずは一本柱のある「山王神社」へ。



爆風で半分吹き飛ばされてしまった鳥居。
鳥居としては不自然&不完全なそのかたちに原爆の恐怖を感じます。

その後、歩いて「浦上天主堂」へ。


わわわ…修学旅行の小学生がいる!(ドキッ)

夕べの稲佐山でのことを思い出してしまう。
けれど予想に反して「こんにちはー!」と気持ちの良い挨拶。
ボランティアのガイドさんの話も真剣に聞いてる。
昨日の修学旅行生がひどすぎただけだったんだな…と思いました。
一瞬でも疑ってごめんね。
気持ちの良い挨拶に昨日の嫌な思いが吹き飛んだ!

浦上天主堂は大正14年に完成した教会。
その後原爆で全壊してしまい昭和34年に再建され、
その後改装されたものが現在の姿。
中の撮影は禁止です。

その後浦上天主堂の下の方へ降りていくとあった
「原爆により崩れ落ちた浦上天主堂の鐘楼」




鳥居といい鐘楼といい、
こんな大きな塊がゴロっと吹き飛んでしまう原爆の威力は恐ろしい。
そしてこれが、天災ではなく人災であることを思うともっと恐ろしい。

歩き疲れたので、浦上天主堂の近くにあった
「フルーツイワナガ」さんでひとやすみ。



くだもの寒天がオススメとのことだったので頂きました。


ツルツルっと寒天がのどを通過していって美味しい!

その後、道に迷っていたら、戦跡めぐりの最後に行こうと思っていた
「平和公園」の方に先についてしまいました…。



そして「原爆落下中心地」を通り



最後に「長崎原爆資料館」へ。



ここは中の撮影はOK。



はじめて見聞きする話ではないですが、最初の段階で
原爆投下の候補地



東京湾、川崎、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、呉、山口、
下関、小倉、八幡、福岡、熊本、佐世保、長崎


とこんなにもたくさん挙っていて、それが



横浜、京都、広島、小倉兵器廠(へいきしょう)

と、4カ所に絞られ、
1954年8月6日に広島市、そして1945年8月9日には小倉に向かったのですが、
視界不良のため落とされず、最終的にこの長崎市へ落とされました。


「何万何千もの米軍青年の生命を救うため、原爆を使用した」





ものすごくもやもやした。






私には簡単に世界を変えることはできないけど、
時々こうやって戦争について考えることはできる。





楽しいだけが旅じゃないよ。




 
九州取材記2014-4日目(4) / 長崎県!夜景を見に行ったはなし
長崎と言えば稲佐山から見える長崎の夜景が有名。
ひとりでそんなとこ行くのもどうかなーと思いつつ(笑)、
どんなもんなのかやっぱり気になるので行ってみようと。
なかなか来れない場所では恥じらいも捨てますよー!
恥じらいなんてあったんだ…。書いててびっくりした。(笑)



前回言っていた時間指定の用事というのは
長崎ロープウェイ無料循環バスのことだったのでした。
このバスは予め予約をしておくと、長崎ロープウェイまで無料で送迎してくれます。
1日4便出ていますが、何便に乗るか決めたら、行きも帰りもその便しか乗れません。
予約する場所は市内のホテルのカウンターなどだったりしますが、
別にそのホテルに泊まっていなくても受付してくれます。すごいシステム。

あ、ちなみに予約してない人が乗り込もうとしたら断られてました。
ホテルに泊まってなくても大丈夫だけど、席が空いていても予約は絶対っぽい。
バスは市内のホテル何カ所かで人を乗せて、ロープウェイの入り口に着きました。
(10人くらい乗ってたかな?)

ところが、チケット売り場に着くと、ものすごい行列…。


ドアの向こうにすごいたくさんの修学旅行生…。

実は、ゲストハウスの方が、
JR長崎駅の観光案内所でロープウェイの前売券を売っているから、
そこで買うと現地で買うより安く乗れるよと教えて頂いたので、
予めチケットをゲットしてあったのでした。
ゲストハウスってこういう情報が手に入るからありがたかったりする。
(ゲストハウスに泊まる人は節約旅が基本だからね!)


なのでチケット売り場に並ぶ時間はなし!

でも…
私のちょっと前に並んでいた修学旅行の高校生が超絶う・る・さ・い☆

まぁでもこればっかりはしょうがないんだ。
修学旅行って高校生生活最大のイベントと言っても過言じゃないじゃん?
私にもこんな時があったんだ。優しく見守ってあげよ☆(・ω < )

…と本当は言いたいとこなのだが、
この学校は雄叫びをあげている生徒がいても先生はまったく注意しない。(゚ε゚ )
先生も何か言ってくれーい!(`Д´)
ちなみにロープウェイに乗るだけで約20分待ち……。
繁忙期ではないはずだから団体にあたらなければそんな待たないと思うんだけど…。(多分)

実は無料送迎バスには「罠」がありまして、最初にチラっと書きましたが、
「行き」に1便を選んだら「帰り」も1便に乗らないといかんのです。
上でゆっくり観光したりご飯食べたりしたいから
帰りに関しては3便のバスに乗りたいとかできない。
無料だから仕方ないけど!

だから私は1便のバス(19時25分ロープウェイ駅着)に乗ってきたので、
1便のバス(20時30分ロープウェイ駅発)に乗って帰らねばならないのです。
1時間ちょっとの間で上に登って下までに帰ってこないといけないので、
ロープウェイに並ぶ時間が長くなれば長くなるほど、上での滞在時間が短くなるわけで。

しかも修学旅行生と一緒のロープウェイに詰め込まれることになってしまった。

ロープウェイ内ではお姉さんが何かの解説してたけど、
高校生がうるさくて何喋ってるのかまったく聞こえぬまま、数分で上に到着。
一生懸命説明してるお姉さんがだいぶかわいそうだった…。
それともこういうことには慣れてるのか?
自分も修学旅行のとき迷惑かけてるだろからあんまりうるさくは言えないけどさ、
せめて学校の先生が少しくらい何か言って欲しかったなー。
たとえ効かなかったとしても。
これも時代なのかな。

ロープウェイを降りて、さらに歩く事30秒ほどでついに夜景とご対面!

じゃじゃーん!


あぁ…本当に愚痴が続いてしまって大変申し訳ございません。素敵な長崎の夜景をお楽しみ下さい。

稲佐山の夜景は函館、神戸の夜景と並ぶ、日本三大夜景のうちのひとつでもあり、
香港、マカオの夜景と並ぶ、世界新三大夜景のうちのひとつでもある…らしいです。

しかし気がつくとバスの時間まであと20分くらいになってました。
頂上には実質15分くらいしかなかったような。

とりあえず、
静かにゆっくりとロマンティック大人モード(なんだそれ)で夜景を眺めたい方は、
「静かそうな日時に行く(いつなんだよ!?)」&
「時間に縛られる無料送迎バスは使わない」のが個人的にはオススメ。
私みたいにひとりで節約したい方向けかな〜、無料送迎バスは。(笑)